FC2ブログ

沖縄女性弁護士の奮闘日誌

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
本日記事2つめです。

すでに琉球新報や沖縄タイムスの記事等でご覧になられた方も多いかと思いますが、沖縄弁護士会では、本日(9/24、月)から、12/17(月)まで、毎週月曜日に、子どもの権利電話相談を行うことになりました。
12/17以降の電話相談の継続については、この間の相談件数や内容その他種々の事情に照らして、今後、検討していくことになります。ご相談内容は、学校問題や、いじめ等の問題、虐待・・・その他、子どもの権利に関するものなら何でもOKです。

…って言っても、弁護士に相談するなんて、ただでさえ敷居が高いのに、子どもがイキナリ弁護士に電話して相談なんてできるの?って思われるかもしれません。
それに、「なんでもOK」っていうけど、そもそも何が法律問題で、何がそうでないかわからないし、いじめの問題なんて弁護士に相談して何ができるのの?…とか。

もちろん、ご相談をお聞きしても、内容によっては、弁護士が対応できない問題も出てくるかもしれません。
…でも、意外と、弁護士がお手伝いできることや、アドバイスできることも、意外にたくさんあったりするんです。
特に、子どものいじめ等の問題については、私自身も、加害者側・被害者側、いずれの立場からも関わることがありますし、それぞれの立場や状況で、できることとできないことがあります。しかし、加害者側・被害者側いずれであっても、目指すところ~いじめや不当な人権侵害等をなくすには、どうすればよいか?~は共通しており、それぞれのケースに応じて、その目的を達するために全力を尽くしています。

それに、「悩んでいるけど、だれにも相談できない…。」って思っているときは、匿名でも、誰かに悩みを聞いてもらえるだけで、安心できたり、頭の中が整理できたり、これまで気付かなかったことに気付けたり、そういう副次的な効果もあると思うんです。この点、弁護士の相談なら、電話無料相談でも守秘義務がありますから、相談内容が同意なく他者に漏れる心配はありませんので、安心して相談できますよね。

だから、もし、身近に、「最近何か悩んでいるんじゃないかな?」って子がいる場合は、さりげなぁ~く(ここポイント)、「弁護士会がこんなのやってるみたいよ?!」とかなんとか言って、案内していただけると、大変ありがたく思います。

詳細は、沖縄弁護士会のHP
http://www.okiben.org/modules/events/index.php?page=article&storyid=41

電話相談の受付番号は、098-866-6626
スポンサーサイト
 
先日,沖縄県内のある児童福祉施設に見学に行きました。
ここにいる子ども達は,それぞれいろいろな事情を抱えて,肉親と離れて暮らしているのだけど,それを感じさせないくらい明るくて,小さい子も大きい子も,女の子も男の子も,協力しあって生活している様子がひしひしと伝わってきました。
また,それを支えている職員さん達も,本当に過酷な労働条件の中で,子ども達と一緒に生活し,子ども達の将来のために一緒に悩んで…その本当の苦労は図りしれないけど,そうして,みんなでひとつの「おっきな家族」を築き上げている…そんな感じがしました。

ここは家庭であり,学校である。
それでも,やっぱり肉親の愛情には代えられないものがあるのも事実。
だけど,みんなそれを乗り越えて,ここでしか学ぶことのできない,経験することのできない貴重な「何か」を,小さな心の中にたくさん,たくさん刻んでいるはず。

ここで育った子ども達が,みんな大人になって,大きい子が小さい子を,小さい子が大きい子を助けてあげられる…そんな世界になればいいな,と。

私もがんばろっと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。