FC2ブログ

沖縄女性弁護士の奮闘日誌

 
昨日貰った薬のおかげで熱も少し収まり,だいぶ楽になりました。

話は変わりますが,離婚等の訴訟で相手が否認している不貞行為(浮気)を立証するのは大変ですね。
決定的な証拠があれば良いですけど,それがないときは,様々な証拠や事実の積み重ねによって立証しなければなりません。

しかし,浮気の決定的な証拠っていうのも考えてみるとなかなか難しいもので,たとえば,ホテルに入るところ・出るところの写真があったとしても,それだけでは,場合によっては「休んでいただけだ。」等の言い訳も成り立ちうることになってしまいます(芸能人がよく言いますよね?)。
そうすると,浮気を決定的に証明できる証拠っていうのは,その最中の写真等か,或いは相手の方が身ごもった場合はDNA鑑定をした鑑定書,くらいになってしまうのでしょうか。
もっとも,女性の浮気の場合は妊娠すればDNA鑑定までしなくても,通常はそれだけで決定的な証拠と言えそうですが,「レイプされた。」とか言われちゃうとやっぱりDNA鑑定までしないと決定的な証拠とは言えないんでしょうかね。

まぁ,通常はそこまでしなくても,ホテルに入るところ・出るところの写真があれば浮気の事実が強く推認される,ということになり,それ以外の事実等と組み合わせて十分立証できる場合が多いとは思いますが。

ちょっとえぐい話になっちゃいましたね
スポンサーサイト



 
完全に風邪を引きました。。。
 
最近寒くて起きれません。
 
今日は,前回ブログで書いた武富士問題の無料相談会を行いました。
予想を上回るたくさんの方にお越し頂き,相談会を行った甲斐があったなぁと思いました。
今後も2月28日の債権届出期限まで,随時,武富士問題に関する無料相談を受け付けています。
これまで武富士と取引をした経験のある方はお早めにご相談ください。
 
 今日お昼に「パレット久茂地」の前で「武富士問題沖縄弁護団・無料相談会」のビラ配りをしました。

「武富士」と言えば誰もが聞いたことのある消費者金融の大手ですが,平成22年10月31日に東京地裁で武富士に対する会社更生手続開始決定がなされ,債権権届出期間が平成23年2月28日までと定められました。

 最近は「過払金」という言葉をよく耳にするようになりましたが,「過払金」とは簡単に言うと,消費者金融等から貸付と返済の取引を繰り返していた方が,実は法定(利息制限法)の制限利率を超えて利息等を支払い過ぎていたために,その制限利率を超える部分について返してもらう権利がある,ということです。
 過去に武富士と取引のあった方は既に完済して取引を終了してたとしても,過払金の返還請求権を持っている可能性があります。しかし,平成23年2月28日までに債権の届出をしないと,その後に過払金債権があることが明らかになったとしても,会社更生手続の失権効により過払金を取り返すことができなくなってしまいます。

 このような問題に対処するため,沖縄弁護士会の有志38名(平成23年1月13日現在)で武富士問題沖縄弁護団を立ち上げました。
 弁護団では,今後,沖縄県内で武富士と取引経験のある方に無料相談を行い,その委任を受けて債権届出等を行っていきます。弁護団では相談者の負担を少なくするため,受任の際の費用(着手金)は無料とし,武富士に過払金のある方は会社更生手続で配当を受けられた時に配当金の中から報酬と実費を精算していただき,他方で武富士に対してまだ返済しなければならない借金が残っている方に関しては,個別に弁護士と今後の手続・報酬・費用について相談していただきます。

 武富士と取引の経験がある方は,まずは弁護士の無料相談を受けてください。下記日程にて一斉無料相談会を実施します。
  日時:平成23年1月15日(土)午後3時から5時
  場所:沖縄弁護士会館(那覇市松尾2丁目2番26-6号。松尾消防署通り沿い)
 また,上記日時に参加できない方は,随時弁護団による無料相談の予約を受け付けています。弁護団の代表番号・ゆあ法律事務所(電話098-834-9820)まで連絡し,弁護士による無料相談を受けてください。なお,沖縄本島以外の宮古・八重山地域に関しては,宮古島ひまわり基金法律事務所(電話0980-75-0603),八重山ひまわり基金法律事務所(電話0980-88-8688)にご連絡ください。

 会社更生手続による個別の過払金債権者に対する配当金は極僅かかもしれないけれど,何もせずに失権させてしまうよりは,せめて出来ることをしてみましょう。
 
先程,高知で司法修習をしていた時に指導担当だった弁護士から電話がかかってきました。
何事かと思いきや・・・修習時代,いつも連れていってもらっていた小料理屋から酔っぱらって電話をかけてきた様子ですが,私のことを思い出して電話をくださったことがとてもうれしく思いました。

その先生は民暴関係でとても有名な先生で,最近は被害者支援にも力を入れているとのこと。
私は昨年は裁判員裁判で被害者参加弁護士の役割を努め,その後もちょくちょく犯罪被害者の方から相談を受けたりしているので,そのうち何かの会合等でお会いできたら良いですね,とお話しました。

そういえば,つい1週間くらい前にも修習時代の同期から酔っぱらって電話がかかってきたなぁ・・・。
私は電話がとても苦手なので,電話だととても素っ気なくなってしまうけど。
修習時代は自分にとってもとても貴重な時代で,集合修習の時には司法修習所の寮に入って同期のみんなと毎晩飲みながら色々な話をしたり,勉強をしたり・・・
高知での実務修習時には,指導担当の弁護士・裁判官・検察官にいろいろなところに連れていってもらって,たくさんの経験をさせてもらったり・・・
しょちゅう明け方まで飲んでいて,そのまま眠らず出勤したり・・・
いろいろありました

特に実務修習地の高知は私にとってとても特別な場所で,都心では考えられないくらい暖かすぎるたくさんの人達の心と,沖縄にも決して負けない程の豊かな自然と豊富な生物層に触れ,司法関係以外でも四国各地にたくさんのかけがえのない仲間を作ることができました。
また遊びに行きたいな・・・。
高知は,私にとって,今でも大切な,大好きな場所です。
また遊びに行きたいな・・・交通の便は悪いけど

そういえば今日,電話を下さった恩師の先生に4月に独立することを伝えられなかったな
聞いたら,きっとびっくりするだろうな・・・。
独立したら,一度挨拶に行かないと・・・潜りがてらね
 
 相手の行為や言動等により精神的な損害を受けた場合,精神的損害を「慰謝料」として請求する場面があります。
 民法710条は「他人の身体,自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず,前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても,その賠償をしなければならない。」として,不法行為の場合には財産以外の損害-つまり,精神的損害についても賠償しなければならないことを定めています。

 しかし,この慰謝料については悩ましい問題が多々あります。

 まず,相手の行為や言動等に慰謝料請求の根拠となる「違法性」があるか否かが問題になります。
 急に「違法性」というと,ちょっと言葉尻がきついかもしれませんが,不法行為等の場合に相手に慰謝料を請求できるのは,相手が故意又は過失により保護されるべき法的利益を侵害したこと-言い換えれば,相手の行為等に「違法性」があることが必要です。
 そのため,典型的に慰謝料の発生が認められている場面-たとえば自動車事故等の場合の入通院慰謝料・後遺障害慰謝料や,配偶者の不貞行為等-の場面を除いては,相談者の主張する相手の行為が慰謝料請求の根拠となりうる「違法性」があるか否かを慎重に判断しなければなりません。
 たとえば,夫婦間で相手に不貞行為があった場合は,貞操義務(民法710条1項1号参照)の違反を慰謝料請求の根拠とすることができますが,それ以外の理由により離婚のやむなきに至った場合-価値観の相違やDVに至らない暴言等-の場合には,たとえ相談者が相手の言動等によりどんなに傷ついたとしても,それが慰謝料請求の根拠となりうる違法な行為なのか?という点が問題になります。

 また,相手方の行為等に違法性があり慰謝料請求が可能な場合でも,次に,その場合の慰謝料の額が問題になります。
 慰謝料も損害賠償の一類型である以上,判決等で認められる慰謝料の額は相手方の不法行為と「相当因果関係」のある範囲に限られます。
 また,そもそも精神的損害は金銭に見積もること自体困難です。そのため,入通院慰謝料・後遺障害慰謝料等のように統計的な基準があるものを除いては,具体的な慰謝料金額の算定は実務的に非常に悩ましい問題です。
 しかも,判例等を検索していると余程悪質な事案でない限り慰謝料請求だけで高額の請求を認めている事例は少なく,慰謝料請求だけでは,なかなか相談者の方が納得できる水準の賠償は得られないのが現実です。
 そのため,通常は,慰謝料以外の請求(逸失利益等)と併せて請求を立てることが多いですが,どうしても慰謝料請求だけを単独で行わざるを得ない場合は非常に悩みます。

 現在,慰謝料請求に関して悩ましい事案があり,関連する判例や専門書の検索に追われています。
 
遅くなりましたが,あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今日は,日頃から野菜の芯とか細かくみじん切りにして冷凍庫に溜めておいたクズ野菜とひき肉を混ぜて,初めての肉団子に挑戦しました。
…けど,うまくまとまらなくて。。餃子にすればよかった
結局ばらけてしまったので,挽肉の餡かけとか麻婆豆腐に使う用に小分けして冷凍庫しました

そんなお正月早々の厄払いも兼ねて,夕方は,波の上神宮に初詣出に行きました。
3日の夕方だというのに,構内はすごい人混みでした。
帰り道はイカ焼きとたこ焼きと大判焼きを食べて…。

明日は,ついに仕事初め。
今年の年末年始は結局,どこにも行けず,何もできずで終わってしまった気がする…来年はいい加減どこかに行きたいなぁ。。できれば暖かい国に。

今年はなぜかお正月から落ち込み続きですが…今年は良いことあるといいな。