FC2ブログ

沖縄女性弁護士の奮闘日誌

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
担当している刑事事件で,昨日の夕方,保釈許可決定を頂いたので,今朝,別件期日のついでに,裁判所に決定書を取りに行きました。

刑事事件では,逮捕されても起訴された後は保釈申請ができるので,保釈許可が出されれば,判決言渡しまでの間,自宅等で通常の社会生活を送りながら裁判の準備等をすることができるようになります。
ただ,実務上は,本来原則であるべき権利保釈(保証金の納付を条件としない)が認められるケースは極めて少なく,ほとんどのケースでは逃亡防止のため高額の保釈保証金の納付が条件となり,家族等が保証金の準備ができないために保釈申請も行わないケースが圧倒的に多いです。

とはいっても,保釈保証金のために家族等が無理な借金等をすることは,私としては,絶対におすすめしないので,保釈申請をするときは,必ず,保証金の準備をどうするのかを確認してからにしています。

本来原則であるべき権利保釈が,もっと多くのケースで認められるようになれば,このような悩みもなくなるのですけど・・・苦しいところです。
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。