FC2ブログ

沖縄女性弁護士の奮闘日誌

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
すっかりご無沙汰しています、うりずん法律事務所 原田です。

せっかくブログを始めても、弁護士として、具体的な事件の話はなかなか書けないので、更新が滞りがちで・・・。
姉から「たまには近況報告して!」とお叱り(?)を受けたので(?)雑記ですが、近況報告を少々・・・。

先日、ガソリンを入れるために立ち寄ったガソリンスタンドで、仲間由紀恵さん似の店員さんに笑顔でオイル交換を勧められ、ちょうど前回のオイル交換から6か月弱を経過していたのでオイル交換をお願いしました。
私にとって、こういうのは良くある話で、自分としてはまだちょっと早いかな?と思っても、店員さんの笑顔が素敵なら頼んでしまうことが良くあります。
こと車の整備に関しては、何か具体的に不具合がなければ気付かないのが通常で、普段意識していなので、自分が不安を感じる前に、いつも立ち寄るスタンドの方が声をかけてくれるのは助かります。それに加えて店員さんの笑顔が素敵なら言うことないですね(笑)。

公共交通機関の整備された都心とは異なり、沖縄のように、公共交通機関が十分に整備されていない地域に住む方にとって、車両(普通自動車、軽自動車、バイク等)は、今や、生活必需品と言って良いかと思います。
とはいえ、車両の運転行為は、どんなに注意を払っていても一定の割合で他者加害の危険性を内在する危険行為であり、それに対して国が特別に運転免許を交付するものです。
そのため、車両の運転者には、基本的な交通関係法規の遵守に加え、運転しようとする車両の整備義務や、自賠責保険の加入義務等の特別な責任が課されています。

しかし、実際に「車社会」と呼ばれる地域に住んでいると、この意識が希薄になりがちで、特に交通違反については自分がしなければ防げるとしても、車両の整備義務については、よほど意識していなければ、具体的な不具合がない限り忘れがちです。
なので、私にとって、ガソリンスタンドで給油のついでに声をかけてもらうことは、普段忘れている車両の整備義務を思い出させてくれる意味でも重要であり、加えて店員さんの笑顔が素敵なら言うことなしです
もちろん、そういう勧誘が嫌いな方もいると思いますが・・・私にとっては、逆に、最近増えているセルフ式のガソリンスタンドで、オイル交換等の声を掛けてもらえないのは、ちょっと寂しいし、不安な感じがしますね。
もちろん、自分が普段から意識して、気をつけていれば済むことですが・・・。
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
No title
読ませていただきましたよ☆
車両の整備義務まで意識しているのはさすがです(と、免許すら持っていない私は尊敬のまなざし)

これからも事故などないよう、気をつけてね
2012/04/02(月) 12:18:22 | URL | machiko #Aq/0XhgE[ 編集]
No title
>machikoへ
machikoのように東京の都心に住んでいたら自家用車は必要ないよね。

今日の記事は、ちょっと小難しく書いちゃったかもしれないけど、ただ単に最近セルフのガソリンスタンドが増えているので、「有人には有人ならではの良さもあります。私は有人のガソリンスタンドが好きです!」って言いたかっただけなのです。
2012/04/04(水) 22:49:55 | URL | ikumi #zkIqsKok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。